blog index

つきいちブログ

NPO法人月一の会の日々のできごとをお伝えしています。
毎年恒例のバーベキュー!
10月18日に月一の会毎年恒例のイベント、バーベーキューをやりました。
バーベキューは毎年参加者が多いです。


薪割りからはじめます。普段やらないことなので、始めはなかなか手間取りますが、コツをつかんでくればバシバシいけます。


薪割りが終わったところで、バーベキュー最初の難関、火付けです。
着火剤を使えば比較的楽に火は点きますが、今回は着火剤がなかったため新聞紙と細目に割った薪でなんとかがんばりました。


薪割り、火付けをしている間に食材を切ります。
なにしろ参加人数が20名近くと多く、食材の量はかなりのものでしたが、これだけの人数がいたので意外とスムーズに切り終えました。

食材を切り終わり、火も着いたところでいよいよ焼き始めます。


難しいのは火の調整、ガンガン薪を投入すれば火を絶やさずに焼き続けることができますが、投入しすぎると火力が強くなり過ぎ、野菜などはあっという間に焦げてしまいます。


ここら辺は火の管理担当の人達の腕の見せ所でした。
薪を入れ過ぎると火力が強くなりすぎるため、うちわで扇いで空気を送っていい感じの火力を維持しようとすると、今度はその風圧によって細かな灰が舞い上がります。


舞い上がった灰は準備してあった肉や野菜に降りかかり、大変なことに・・・。
灰が舞い上がらない程度に空気を送るというのもテクニックですね。


ある程度食材を焼いてみんなに行きわたったところで、いただきますです。
この時点で一皿分ぐらいは各自行きわたりましたが、まだまだ、肉、野菜があります。


ここからが本番、肉を焼きながら、焼き上がったそばから食べてしまうというバーベキューの醍醐味を味わう時間です。
やはり焼きたてがうまいですね!


食べ終わった後は、ちょっと大変な後片付けです。
しかしこれも人数にものを言わせてスムーズに終わりました。


月一の会では毎年この時期にバーベキューをやっています。
また来年をお楽しみに!

 
| 月一の会 | イベント | 16:05 | - | - | - | - |
ハイキング企画第二弾!で高麗山〜湘南平に行きました
当日は天候にも恵まれ、気持ちのいいハイキングとなりました。
このコースは大磯駅から直接ハイキングコースを回り、また大磯駅に戻れるコースとなっています。


大磯駅から20分程歩くと、高麗神社に着きます。高麗神社境内内に登山口があり、そこから高麗山を目指します。
ここまでのコースは旧東海道を通るので、昔のいわれのある古井戸や、旧東海道の案内の看板がそこかしこにありました。



駅からそんなに歩いていないにもかかわらず山深い雰囲気を味わえる、気持ちの良い登山道でした。
ちょっとした急坂はありましたが、おおむねなだらかな坂で、のんびりと自然を楽しみながら歩けました。



第一目標の高麗山に到着です。かなりゆっくりと歩いて駅からのんびりで一時間ぐらいでした。
この頂上からの見晴しは周囲に木が生えていたので展望はありませんでした。



第2の頂上、浅間山に到着です。



浅間山から10分程歩くと湘南平に着きました。湘南平はその名の通り、山の上にある平らな場所です。広々とした公園になっており、レストランもありました。


湘南平にある展望台からは360度の展望が楽しめます。この日は天気も良く、富士山も見えました。
横浜方面に目を向けると、うっすらとランドマークタワーも見えました。
遠く大島や房総半島、伊豆半島も見ることができました。



湘南平からは海も近く、きれいに見えました。
湘南平で昼食をとり、ゆっくり展望を楽しんだ後、下山しました。


下山後、駅へのコースを少し外れて海岸に行ってみました。
とてもきれいな浜でした。
潮風にあたりながら少しのんびりした後、大磯駅に向かいました。

今回は山に海にと贅沢なハイキングとなりました。
第三弾も今後計画していくので、みんなで山に行きましょう!


 
| 月一の会 | イベント | 18:54 | - | - | - | - |
海に行ってきました!
今年も海に行ってきました。
月一の会では毎年恒例のイベントとなっています。
晴天に恵まれ、ここ最近の異常な猛暑という程の気温でもなく、気持ちの良い時間を過ごすことが出来ました。


片瀬江ノ島駅に集合して、みんなで海辺に向かいます。
浜辺にいるだけでは直射日光を浴びてしまい暑いので、お金はかかりますが毎年海の家に入っています。
海の家でのんびり過ごす組と、水着に着替えて海に入る組に分かれます。


水着に着替えて海に入って泳ぐというほどではないけど、海には行きたいという方も多く、海の家でのんびり過ごす方も多くいました。

江の島の海岸には多くの海の家が立ち並び、色々な食べ物が売っています。

そういったものを昼食として買いに行ったり、波打ち際まで行ってみたり、それぞれのんびりと過ごしていたようです。

海に入る組は海の家に入るなり水着に着替え、海に突入します。

しかし、午前中はただでさえ遠浅な江の島の海水浴場が、引き潮だったらしく、どこまでいっても腰より下ぐらいの水位しかありませんでした。

波もほとんどなく海というより湖、あるいは温泉に浸かっているようなそんな感じです。

海の家に帰ってスマホで調べてみると、ちょうど私達が入っていた時間帯が一番引き潮の時間帯でした。

午後からは満ち潮に変わるので、お昼を食べながら、もう少し水位が深くなるのを待ちました。

1時間ぐらいたって再び海に入ってみると、午前中とはうって変わって水位は深くなっていました。

それからさらに海に浸かっていると、午前中腰下ぐらいだった場所が肩までの水位になり、そのうち足が届かないぐらいの水位となりました。

波も出てきて、ようやく海らしくなってきた感じです。

海の潮位の変化というのは知識としてはありましたが、身を以て感じた一日でした。

泳げる人は泳ぎ、浮き輪持参の人は浮き輪でぷかぷかと浮かび、ただなんとなく海に漂ってみたり、海水浴を楽しみました。

月一の会の参加者もそこまで若い人が多いわけではないので、海に入ったからと言って大はしゃぎというわけではないですが、ただ海に漂って水平線を眺めているだけでも気持ちがいいものです。

午後3時頃で解散し、今年の海イベントを終えました。

また来年もこの海イベントがありましたら、みなさんのご参加をお待ちしています。

 
| 月一の会 | イベント | 12:34 | - | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

bolg index このページの先頭へ